2019年04月15日 05時00分 公開
特集/連載

リスク別セキュリティ製品ガイドサイバーリスク対策を「未知と既知」「内部と外部」で分類 役立つ製品は?

企業を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない。サイバーリスクを的確に把握して被害発生を防ぐために、「内部起因」「外部起因」、および「未知」「既知」の軸に沿ってサイバーリスクを分類し、それぞれの対策を考える。

[大久保 心織,TechTargetジャパン]

画像

 事業継続性を保つためには、サイバーリスク管理とサイバーセキュリティ対策が欠かせない。企業を取り巻くリスクを「内部起因」「外部起因」の軸と「未知」「既知」の軸に沿って分け、全体にまたがる「包括的」なリスクと併せてそれぞれの対策を考える(図1)。

画像 図1 企業を取り巻くサイバーリスク(出典:NTTコミュニケーションズの資料を編集部で一部変更)《クリックで拡大》

未知の脅威対策となる「EDR」「MDR」

ITmedia マーケティング新着記事

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...