TechTargetジャパン

製品資料
中堅・中小企業に求められるERPシステムの機能とは
 中堅・中小企業にとって、いかに効果的なシステム投資を行うかは悩ましい問題。失敗が許されないシステム導入において、安定したパフォーマンスを誇っているシステムを選定することはとても重要だ。17,000社を超える導入実績をもつ(株)ミロク情報サービスが提供するER...(2011/7/6 提供:株式会社ミロク情報サービス)

レポート
日本企業を取り巻くIFRSの現況とその対応
 IFRSの適用に関して、会計を中心とする企業システムには次に挙げる3つの主要な要件に対応することが求められる。1.IFRS 対応財務諸表、そして日本基準対応財務諸表の2種類の財務諸表の表示2.マネジメントアプローチによるセグメント情報の開示3.会計方針や見積の変更な...(2010/4/27 提供:マイクロソフト株式会社)

事例
原価管理と連動、プロジェクト単位の損益まで可視化。財務会計/人事給与基盤を強化
 生命保険会社や証券会社など金融業界に特化したソフトウェアの受託開発を中心に、セキュリティコンサルティングや勤怠管理パッケージなどを販売しているソルクシーズ。順調に売上を伸ばし、事業基盤の強化を図っていた同社には新たな財務会計、人事給与システムが必要だ...(2009/9/24 提供:エス・エス・ジェイ株式会社)

製品資料
プロジェクト管理会計、標準化、進行基準対応、PMBOK準拠のソリューション
多くのシステム開発ではPMBOKをベースに、エクセルや複数のツールを組合せて原価、進ちょく、要員などのプロジェクト管理を行っている。その結果、・プロジェクト報告のための資料作成が煩雑で管理が形骸化する・情報が分散し、部門長、PMOがプロジェクトの状況を監視でき...(2009/7/21 提供:株式会社システムインテグレータ)

講演資料
プロジェクトマネジメントにおける会計と品質の両立
日揮情報システムではPMAJのP2Mを採用しプロジェクトマネジメントを実施している。このP2Mで定義された「品質」「工程」「進捗」「根拠となるもの」「管理を支援するもの」「その仕組み」などのマネジメント要素の他にも、企業の業績としての受注見込から売上、利益と言っ...(2009/7/23 提供:日揮情報システム株式会社)

事例
原価管理と連動、プロジェクト単位の損益まで可視化。財務会計/人事給与基盤を強化
生命保険会社や証券会社など金融業界に特化したソフトウェアの受託開発を中心に、セキュリティコンサルティングや勤怠管理パッケージなどを販売しているソルクシーズ。 順調に売上を伸ばし、事業基盤の強化を図っていた同社には新たな財務会計、人事給与システムが必要だ...(2009/6/22 提供:エス・エス・ジェイ株式会社)

事例
中堅中小企業の業務改革を実現するSaaS型ERP その特長と3社の事例を紹介
「各プロジェクトの損益が最後まで分からず、終わってみたら赤字ということがある・・・」「収益がリアルタイムで把握できず、予実管理、経営計画策定に時間がかかっている・・・」「ドキュメント管理が煩雑。稟議のフロー・記録も不明瞭で内部統制に苦心している・・・」...(2009/5/8 提供:株式会社オロ)

製品資料
プロジェクトの現在と未来を数値化し収益改善を図るプロジェクト管理会計
 プロジェクトの商談管理から請求までのプロセスに対応するプロジェクト管理会計システム。 受注したプロジェクトの原価は、直接原価を集計し、間接原価を配賦計算することで把握できる。一方、売上については、管理会計上の仮売上概念(売上出来高)を用いることで毎月...(2009/3/16 提供:日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社)

講演資料
工事進行基準対応ノウハウを凝縮したプロジェクト管理手法
 2008年8月7日に開催された「デスマーチからの脱却!工事進行基準 〜いまから準備すべきこと〜」セミナーより、工事進行基準による決算対応を長年行ってきたノウハウを持つ日揮情報システムが行ったセッションで配布された資料。 工事進行基準に対応するためには、適切...(2008/9/1 提供:日揮情報システム株式会社)

製品資料
プロジェクト管理と組織的管理のコラボレーションで工事進行基準対策も万全
 工事進行基準施行の鍵となる進ちょく管理や品質管理、成果物管理など、個別のプロジェクト管理に必要な機能、そして経営トップ層や品質管理部門メンバーが必要とする組織管理機能を網羅した、統合型のプロジェクト管理システム「ProcessDirector」。 このホワイトペー...(2008/9/1 提供:日本電気株式会社)

製品資料
情報漏えいと工事進行基準会計に文書管理システムで立ち向かう
 ビジネスでは、社内だけでなく社外パートナーなど複数の企業間で情報をやりとりする必要がある。しかしそれは、情報漏えいのリスクを高めることにもなる。さらに情報システム会社などでは、2009年から始まる「工事進行基準」に基づいた会計処理へも待ったなしで対応する...(2008/8/29 提供:株式会社NEC情報システムズ)

製品資料
工事進行基準対応を赤字プロジェクト撲滅の機会に変える!
 工事進行基準は、対応を迫られるシステムインテグレーターにとっての悩みの種となっている。しかし、義務的に対応するだけでは根本の原因は解消できない。工事進行基準に対応しながら赤字プロジェクト発生の原因を解決し、他社と差を付けるにはどのようにすべきなのだろ...(2008/9/1 提供:日本CA株式会社)

事例
高度なプロジェクト管理で問題の予防・早期解決
 プロジェクト管理が適切に行われていないと、現時点でのプロジェクトのコストやアサイン状況が把握できず、問題がありそうなことは分かっていてもタイムリーに対処できないことがある。一方でプロジェクト管理は、既にスタートした内部統制や2009年4月からスタートする...(2008/8/27 提供:株式会社ビーブレイクシステムズ)

製品資料
工事進行基準で厳しくなるプロジェクト管理に対応できるか?
 2009年4月の工事進行基準適用は管理者への負担を増加する一方で、プロジェクトの「見える化」を後押しする。「見える化」による利点は、正確な進ちょく管理の実現のみならず、収益性向上や顧客へのサービス向上などのメリットも考えられる。では、「見える化」と管理負...(2008/7/10 提供:エピコ・ソフトウェア・ジャパン株式会社)

Loading