2010年09月09日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSデンソークリエイト、Excelからの移行も簡単に行えるプロジェクト管理ツールを発表

デンソークリエイトが工数管理・プロジェクト管理ツールの新版を発表。Microsoft Excelで作成したプロジェクト計画書からのデータ移行など、プロジェクトの計画機能が強化された。

[TechTargetジャパン]

 デンソークリエイトは9月8日、工数管理・プロジェクト管理ソフトウェアの新版「TimeTracker FX 3」(以下、TimeTracker FX)を販売開始した。TimeTracker FXは、トヨタの生産方式に代表される工場現場における生産性の向上方法を、ソフトウェア開発やハード設計、Web制作などのデスクワーク業務にも適用させたクライアント/サーバ型の工数・プロジェクト管理ツール。具体的には、リアルタイムでの作業時間の計測とその可視化機能を提供することで生産性の向上を支援する。

 同社によると、TimeTracker FXは「現場の改善活動を支援する」をコンセプトにしており、ドラッグ&ドロップ操作による工数入力やプロジェクト計画の支援、Microsoft Excel(以下、Excel)帳票との連携機能などが特徴だという。新バージョンでは、Excelで作成したプロジェクト計画書からの移行、現場視点でのスケジューリングやプロジェクトメンバーに対する「計画の“見せる化”」など、計画関連の機能が強化された。

photo TimeTracker FX画面

 TimeTracker FXでは、Excelで作成した計画書の表をコピーしてペーストするだけで、表構造を解析してプロジェクトの作業構造をTimeTracker FX上に自動作成できる。また、納期日から逆算して開始日を計画する「バックワードスケジューリング」機能を搭載。さらに、プロジェクトメンバーの工数入力画面に担当スケジュールをガントチャートで自動表示することも可能。TimeTracker FXの販売価格は、18万9000円(5ライセンス)から。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...