2009年05月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

第18回ソフトウェア開発環境展イベントレポートSODECに見るプロジェクト管理ツール最新動向

2009年5月13日から15日までの3日間、東京ビッグサイトにて「第18回ソフトウェア開発環境展(SODEC)」が開催された。本稿では、プロジェクト管理(PM)ゾーンに出展されたPM関連製品を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo 東京ビッグサイトでは、SODECのほかに「データストレージEXPO」「情報セキュリティEXPO」「RFIDソリューションEXPO」なども同時開催された

 ソフトウェア開発や保守、運用のための製品および技術を展示する「ソフトウェア開発環境展」(以下、SODEC)。18回目となる今回から「内部統制 業務アプリケーションゾーン」「ワークフロー・文書管理システムゾーン」が新たに登場した。

 今回、プロジェクト管理ゾーンで出展されたPMツールは、さまざまなプロジェクト管理手法によって、システム開発の現場で求められる「正確な進ちょく状況の把握のための情報収集/分析機能」を提供していた。今後リリースされる新製品を中心に幾つか紹介する。

作業実績やタスクをより詳細に把握するために

 デンソークリエイトの「TimeTracker FX」は、“プロジェクト計画と実作業のかい離が大きいと、現場の改善につながらない”という視点から、工数管理を中心にした機能によって、業務の可視化とシステム開発の現場改善を支援するツールだ。

 TimeTracker FXでは、詳細なプロジェクト計画を策定しなくても、作業タスクと担当者を決めるだけですぐに工数の実績入力を開始できる。

 また、より実態に基づいた実績データの入力を可能にするため、工数データを基に大本のプロジェクト計画を柔軟に変更することも可能。こうしたプロジェクトの履歴を利用することで、より実行性の高いプロジェクト計画の策定を支援するという。

 2009年夏に最新バージョンの「Ver 2.7」が発売される予定で、作業者が自身の実績データを分析できるリポート機能も提供される。

photo TimeTracker FX Ver 2.7の画面《クリックで拡大》

 プロジェクト全体と個人のスケジューリング管理の連携を重視したPMツールとしては、コルト・ヴォックスの「POWERFUL PLANNER Enterprise Edition」(以下、POWERFUL PLANNER)が出展されていた。

 POWERFUL PLANNERは、Microsoft Outlookに似た操作性を持ち、プロジェクト全体での情報共有や管理を可能にするツールだ。作業者がタスク管理の一環として作業の詳細を日報として作成すると、その情報がプロジェクトの実績データとしてサーバ側に登録され、プロジェクトメンバー間で共有できる。

photo POWERFUL PLANNERのタスク設定画面

 また、タスクが登録されている時間帯のメール受信や指定したURL以外のサイトアクセスを制限する「メール&Webブロック機能」も備えている。

photo 指定されたURL以外にアクセスした場合のエラーメッセージ

 アイナスの「PM-BOX」は、作業者の日報情報を基に、プロジェクト管理者の報告書作成などの作業負担を軽減する管理ツール。同社が「時間伝票」と呼ぶ画面に作業者が作業時間やその詳細などを入力すると、それを基にWBS(work breakdown structure)と連携させ、プロジェクト進ちょくの詳細を把握できる。

photo PM-BOXの時間伝票画面《クリックで拡大》

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...