2006年02月06日 14時02分 公開
特集/連載

ビジネスパフォーマンス指標の作成と活用には細心の注意をColumn

経営者は組織に変化をもたらすためにパフォーマンス評価指標を利用する。ここでは、効果的な指標を作成して活用する秘けつを紹介する。

[TechTarget]

 「評価なくては達成はなし」という格言は正しい。パフォーマンス評価指標には、経営者がビジネスの成功という観点から最も重要視する業務やプロセスに、従業員の意識を集中させる効果がある。パフォーマンスダッシュボードで使われる評価指標は、一般にKPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標)と呼ばれる。

 この指標は変化の強力な触媒であり、目ぼしい前進を促す場合もあれば、組織を混沌と混乱に陥れる場合もある。企業の戦略と目標を正確に反映した指標によって、具体的な日常業務の評価が行われなければ、組織は迷走してしまい、効率的なのに成果が上がらない会社になってしまう恐れがある。このため、経営者は細心の注意を払ってパフォーマンス評価指標を利用しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...