2006年02月27日 10時47分 公開
特集/連載

SOA環境に欠かせない「データマッピング」とは?Column

手作業でのマッピング作業では把握し切れないほど複雑化した企業のシステム環境。こうした環境での複雑なアプリケーションやその関連コンポーネント間の関係を自動的に監視し、表示する「データマッピング」について解説する。

[TechTarget]

 サービス指向アーキテクチャ(SOA)によってITリソースの柔軟性は高まったものの、一方で大量の複合アプリケーションが生み出された。また、サーバクラスタにより、1つのアプリケーションの提供に使用するサーバの台数が増え、仮想マシンのプロビジョニングにより、ハードウェアの境界ははっきりしなくなってきている。

 こうした環境での複雑なアプリケーションやその関連コンポーネント間の関係を自動的に監視し、表示するのがデータマッピングツールだ。

 ここでは、データマッピングとはどういうものか、どんな提供ベンダーがあるのか、どう活用されており、そのメリットは何かを解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...