2006年02月27日 10時47分 公開
特集/連載

SOA環境に欠かせない「データマッピング」とは?Column

手作業でのマッピング作業では把握し切れないほど複雑化した企業のシステム環境。こうした環境での複雑なアプリケーションやその関連コンポーネント間の関係を自動的に監視し、表示する「データマッピング」について解説する。

[TechTarget]

 サービス指向アーキテクチャ(SOA)によってITリソースの柔軟性は高まったものの、一方で大量の複合アプリケーションが生み出された。また、サーバクラスタにより、1つのアプリケーションの提供に使用するサーバの台数が増え、仮想マシンのプロビジョニングにより、ハードウェアの境界ははっきりしなくなってきている。

 こうした環境での複雑なアプリケーションやその関連コンポーネント間の関係を自動的に監視し、表示するのがデータマッピングツールだ。

 ここでは、データマッピングとはどういうものか、どんな提供ベンダーがあるのか、どう活用されており、そのメリットは何かを解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...