2006年03月01日 10時29分 UPDATE
特集/連載

Case StudySOA導入には、アーキテクチャではなくビジネスメリットを売り込め!

ブロードバンド通信企業のコバッドは2004年にSOAの運用を開始し、次々と新しいシステムを導入してきた。同社幹部は、苦労したものの、ポイントツーポイント接続に見切りをつけてSOAを採用したことを後悔していないという。

[TechTarget]

 ブロードバンド音声・データ通信を手掛けるコバッド・コミュニケーションズ・グループにとって、サービス指向アーキテクチャ(SOA)への移行は自然な進化だった。

 同社は1997年にEnterprise Java Beans(EJB)をいち早く採用した。そのおかげでコバッドのソフト開発者は、約60に上る社内アプリケーションを次々と作り出すことができた。これらのアプリケーションは在庫管理、顧客関係管理(CRM)、顧客注文処理など、さまざまなビジネスプロセスをサポートした。

 だが、EJB環境の複雑さが増大し、コバッドのITエンジニアがその管理に費やす時間がいつの間にか増えていった。そこでソフト・情報システム担当副社長のポール・グランサム氏はSOAの検討に乗り出した。アプリケーションをサービスとして社内に提供し、個々の部門がそれらを組み合わせることで、ビジネスプロセスを構築できるようにすることを目指したのだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

Google「Pixel 3a」(SIMフリー版)をメルマガ購読者に差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news100.jpg

ファンケル、PLAZA、QVC 小売業が自社アプリを持つべき理由とは?
2019年5月15日に開催された「アプリの虎 Vol.4 〜有名企業のアプリ活用最前線〜」におい...

news016.jpg

先進的なCMOを擁する企業は他社より11%高い株主利益を創出――アクセンチュア調査
アクセンチュアは日本を含む世界の大企業のCMOとCEOを対象にした調査を実施しました。