2006年03月01日 10時29分 公開
特集/連載

SOA導入には、アーキテクチャではなくビジネスメリットを売り込め!Case Study

ブロードバンド通信企業のコバッドは2004年にSOAの運用を開始し、次々と新しいシステムを導入してきた。同社幹部は、苦労したものの、ポイントツーポイント接続に見切りをつけてSOAを採用したことを後悔していないという。

[TechTarget]

 ブロードバンド音声・データ通信を手掛けるコバッド・コミュニケーションズ・グループにとって、サービス指向アーキテクチャ(SOA)への移行は自然な進化だった。

 同社は1997年にEnterprise Java Beans(EJB)をいち早く採用した。そのおかげでコバッドのソフト開発者は、約60に上る社内アプリケーションを次々と作り出すことができた。これらのアプリケーションは在庫管理、顧客関係管理(CRM)、顧客注文処理など、さまざまなビジネスプロセスをサポートした。

 だが、EJB環境の複雑さが増大し、コバッドのITエンジニアがその管理に費やす時間がいつの間にか増えていった。そこでソフト・情報システム担当副社長のポール・グランサム氏はSOAの検討に乗り出した。アプリケーションをサービスとして社内に提供し、個々の部門がそれらを組み合わせることで、ビジネスプロセスを構築できるようにすることを目指したのだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...