2006年05月18日 09時21分 公開
特集/連載

ASP型監視サービスを活用してトラブルに勝つCase Study

大規模なネットワークを必要とする企業はASP型監視サービスの利用を検討すべきだ。トラブル発生時の迅速な対応だけでなく、時間やコストの削減にもつながる。

[TechTarget]

 316のフレームリレーデータ回線と50のDSL回線、そして2500人のエンドユーザーをサポートしなければならないようなネットワーク管理者にとって、夜間のトラブルにどう対応するかは頭の痛い問題だ。

 人材派遣会社ランドスタッドのマネジャーでシニアネットワークエンジニアのマイク・ハーモン氏は数年前、この問題で苦労していた。

 当時、アトランタの本社と全米の数十の支社を結ぶランドスタッドのネットワークでは、夜間にデータ回線のいずれかが原因不明の理由でダウンする事態が頻発していた。

 そこでランドスタッドは数年前からネットワーク監視をロジックスリソースグループに業務委託している。同社はWeb経由でWAN、LAN、アプリケーション、サーバ、ファイアウォールの監視・管理を行うホスティングサービスを、企業、通信キャリア、インテグレーター向けに提供している。ランドスタッドはロジックスのサービスを、同社のチャネルパートナーのアドコムを通して利用している。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...