2006年06月05日 09時00分 公開
PR

ITを活用して内部統制の負荷を軽減する効率的に内部統制強化を図るITとは【第1回】

最近、「内部統制」という言葉が溢れています。2002年に制定された米国SOX法対応に、多くの企業が予想以上のコストと時間を費やしたという話もあり、短期間で効率的な内部統制の構築・運用を行う手段としてITの活用は大きなポイントとなります。そこで本コラムでは、効率的に内部統制強化を図るITとは何かについて述べます。

[TechTarget]
photo

日本電気株式会社

マーケティング本部

主任

川上 潤氏

【専門分野:サービスビジネス企画】

1995年日本電気株式会社(NEC)入社。長年営業職を経験したあと、マーケティング本部へ配属。現在、NECが重点ソリューションとして考えている「内部統制強化ソリューション」のサービスビジネス企画・推進プロジェクトに所属。


 いわゆる日本版SOX法がまもなく法制化されます。ここで求められるのは、財務報告の信頼性を確保するための内部統制であり、その対応には多くのコストと時間を要します。第1回目となる今回は、企業の内部統制強化への取り組み方と、IT活用による効果的な負荷軽減と業務効率化ついて整理します。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本電気株式会社」に収集される。
  • 「日本電気株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「日本電気株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部