2006年08月11日 08時30分 UPDATE
特集/連載

ColumnWANの冗長化:バックアップ回線のためのルータ

バックアップWAN回線が必要になった場合、ルータは1台にすべきか2台必要か? 重要なのは、実際の冗長性要件を理解することだ。

[Tom Lancaster,TechTarget]

 2つの拠点間で冗長性を確保するためのバックアップWAN回線が必要になった企業がしばしば直面するのが、各回線に1台ずつ、計2台のルータを配備すべきなのか、それとも両方の回線を1台のルータに接続すべきなのかという問題である。ここでは、この判断を左右すると思われる幾つかの要因を検討する。

 最も重要なのは、自社の実際の冗長性要件をしっかりと理解することである。ネットワークの可用性に関する社内の期待を適切に設定する必要があるからだ。これは、「イエスかノーか」という二元論的な記述(例えば、「Xというネットワークコンポーネントは冗長である(もしくは冗長でない)」など)を設計時点で指定するのではなく、アップタイムの割合(例えば、「フォーナイン(99.99%)あるいはファイブナイン(99.999%)の可用性がある」など)といった形で表現される連続体のどこかに設定される目標としてとらえるべきである。なぜなら、あなたの設計の意味するところを社内で知っているのは、多分あなただけだからだ。

 障害が時々発生するが、迅速かつ簡単に原因を突き止め、サービスを復旧することができる非常にシンプルな非冗長型ネットワークを設計することもできれば、2〜3台のデバイスに障害が発生しようとも、めったにサービスが停止することがないような非常に複雑な冗長型スキームを設計することもできるだろう。しかし後者の場合、いったんダウンすると、問題を特定するのに時間がかかり、結果、サービスの停止が長期化することになる。

 そこで問題になるのが、あなたの会社の場合、1年で何度か発生する短時間のサービス停止を我慢するのと、年に1度の大規模かつ厄介なサービス停止を受け入れるのでは、どちらを選ぶのかということである。

関連ホワイトペーパー

ルータ | バックアップ | アベイラビリティ


ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

Google「Pixel 3a」(SIMフリー版)をメルマガ購読者に差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news100.jpg

ファンケル、PLAZA、QVC 小売業が自社アプリを持つべき理由とは?
2019年5月15日に開催された「アプリの虎 Vol.4 〜有名企業のアプリ活用最前線〜」におい...

news016.jpg

先進的なCMOを擁する企業は他社より11%高い株主利益を創出――アクセンチュア調査
アクセンチュアは日本を含む世界の大企業のCMOとCEOを対象にした調査を実施しました。