2006年08月21日 11時23分 公開
PR

内部統制を支えるITインフラ統制支援ソフトウェア効率的に内部統制強化を図るITとは

内部統制に関して、ITインフラ統制で重要なことは、以下の3点になります。1.「適切な人が適切な役割を果たす」基盤が整備されていること。2.その履歴が確実に収集され、すぐに参照可能な状態であること。3.一定期間、確実に保管されていること。今回は、これらを支援するITインフラについて、具体的に紹介していきます。

[TechTarget]

日本電気株式会社

第一コンピュータソフトウェア事業部

エキスパート

辻 利之氏

【専門分野:新規事業企画・製品マーケティング】

1994年日本電気株式会社(NEC)入社。経理、事業計画、販売促進部門、米国シリコンバレーでの新規事業発掘業務を経験。現在、内部統制支援ソフトウェアのIT全般統制ソフトウェアのマーケティングに参画。


 内部統制対策として、業務プロセス可視化などの「統制構築」のための検討が進められています。プロセスを「情報」として運用、公開、保管するために不可欠なITインフラについて、具体的なソフトウェアを挙げながら、説明していきます。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本電気株式会社」に収集される。
  • 「日本電気株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「日本電気株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部