2006年11月20日 00時00分 公開
PR

内部統制への対応でネットワークが遅延する未来WANの高速化対策が重要に

日本は世界でも有数のインターネット大国となったが、企業ユーザーにとっては必ずしも永遠に快適な環境であるとは限らない。その訳は、Webアプリケーションの増加や肥大化する共有ファイル、そして内部統制対応のために進むサーバの集約によるネットワークへの負荷により速度低下を招くからだ。今回は、将来的な観点でも注目を浴びつつあるWAN環境の高速化ソリューションにスポットを当てる。

[TechTarget]

 インターネットを含むネットワークは、これらを抜きにしては成立しないほどビジネスに浸透している。オンラインサービスを提供している企業はもちろん、取引先とのやり取りもメールなどが中心となり、企業内でも拠点間でのアプリケーション共有、ファイル共有などにネットワークが活用されている。

 また最近では、Web2.0の流れからWebアプリケーションの導入が盛んになっており、これに伴いSSLやVPN、ファイルの暗号化などセキュリティを確保するための機能も一般化し、ネットワークインフラへの負荷は高まる一方だ。さらに今後は、内部統制対策により通信ルートが変わり、遅延が発生する可能性が高くなる。ビジネスを停滞させる危険性のあるネットワークの遅延は、避けなければならない重要な問題といえる。