2006年11月27日 00時00分 公開
info Center

クライアントPCからの情報漏えい対策特集サイト

[TechTarget]

シンクライアントソリューション「Sun Ray Security Solution」

デスクトップ環境の100%ウイルスフリーと5億円のコスト削減を同時に実現

ユーザーが利用する端末には一切のデータを持たせない「シンクライアント」が情報漏えい対策ツールとして注目を集めている。特にサン・マイクロシステムズの「Sun Ray」は、汎用OSを持たない端末であるため、100%ウイルスフリーを誇る端末だ。


PCセキュリティ診断・総合管理サービス「PC Check」

1万2000クライアントの内部統制を実現したセキュリティ診断

ウイルスに感染するのも、P2Pソフトで情報漏えいをしてしまうのも、データ持ち出しの窓口になるのもすべてクライアントPCだ。しかし企業内に大量にあるクライアントPC全ての状態を毎日把握し、最新かつ安全な状態に保つのは非常に難しい。企業の情報漏えいを防ぐにはまず「クライアントPC」の状態把握が必要だ。


ファイル単位で強制暗号化する「リエンクリプション・ネクスト」

抑止から防止へ〜「強制暗号化」こそ漏えい防止の答えだ!

データ暗号化は、重要なデータが万一流出した場合にも内容が読み取れないという意味で効果があるが、融通が効かない、面倒で使いづらいという印象も強い。普通に使っている分には全く存在も意識されないのに、別名保存やコピー&ペーストまでを完全にカバーした「強制暗号化」が不便さを払拭し、安全性を高めてくれる。


国内最高レベルのログ取得機能を誇る「ALLWatcher」

取得したログの分析で情報漏えいにも内部統制にも対応

サーバへのアクセスや機器の利用に関するログを取っている企業は多いが、モバイルPCを含めたクライアントPCの挙動の詳細なログを取得するのは非常に難しい。そして収集したログを見やすい形で分析するのはさらに難しい。「残すログ」から「使えるログ」へと進化させるにはどうすればよいのか?