2007年03月01日 23時07分 公開
ニュース

日立、コストパフォーマンスを向上したアドバンスサーバの新製品を発表NEWS

日立製作所は、日立アドバンスサーバのエントリーモデルに、Itanium 2/9000番台を採用することなどでコストパフォーマンスを向上した新製品「HA8500/310」を3月5日より発売すると発表した。

[TechTarget]

 日立製作所は3月1日、日立アドバンスサーバのエントリーモデルの新製品「HA8500/310」を発売すると発表した。

 本製品は、CPUにインテル Itanium 2プロセッサ、チップセットにzx2を搭載し、消費電力を抑制しながら高性能化、高信頼化機能を装備することで、大幅なコストパフォーマンスの向上を実現している。8個のディスクベイを装備することで小規模のDBシステム構築も可能。UNIXベースのエントリーサーバやデータセンターでの利用に対応する。

 価格は121万1700円からで、出荷開始は4月2日を予定している。

エントリーモデル 「HA8500/310」

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...