2007年03月01日 23時07分 UPDATE
ニュース

NEWS日立、コストパフォーマンスを向上したアドバンスサーバの新製品を発表

日立製作所は、日立アドバンスサーバのエントリーモデルに、Itanium 2/9000番台を採用することなどでコストパフォーマンスを向上した新製品「HA8500/310」を3月5日より発売すると発表した。

[TechTarget]

 日立製作所は3月1日、日立アドバンスサーバのエントリーモデルの新製品「HA8500/310」を発売すると発表した。

 本製品は、CPUにインテル Itanium 2プロセッサ、チップセットにzx2を搭載し、消費電力を抑制しながら高性能化、高信頼化機能を装備することで、大幅なコストパフォーマンスの向上を実現している。8個のディスクベイを装備することで小規模のDBシステム構築も可能。UNIXベースのエントリーサーバやデータセンターでの利用に対応する。

 価格は121万1700円からで、出荷開始は4月2日を予定している。

hitachi_reHA.jpg エントリーモデル 「HA8500/310」

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...