CIJ、セキュリティ機能が充実したファイルサーバを3月30日に発売NEWS

CIJは、セキュリティ機能が充実し、日本版SOX法にも対応するファイルサーバ「Oficinamigo」を3月30日に発売する。

2007年03月15日 16時13分 公開
[TechTarget]

 CIJは3月15日、オフィスの文書管理をキャビネットへ収納する感覚で、簡単、安全に行えるファイルサーバ「Oficinamigo(オフィシーナミーゴ)」を3月30日に発売すると発表した。クライアントはWebブラウザから利用でき、シンプルで使いやすいユーザーインタフェースを実現した。

 また、オープンとロックによる容易なセキュリティを搭載し、暗号化や署名、ログ収集などの機能により日本版SOX法にも対応する。Microsoft社Active Directoryとの連動も可能。価格は1サーバ75万円(推奨ユーザー数50〜100)、年間15万円のサポートサービス費用が初年度必須となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...