2007年04月02日 21時33分 公開
ニュース

テルテン、サイトコンテンツを不正使用から守るサービスのβ版を配布NEWS

テルテンは、サイト上のテキスト、画像、動画などデジタルコンテンツを保護するソリューションのβ版配布を同日より開始した。

[TechTarget]

 テルテンは4月2日、インターネットサイト上のテキスト、画像、動画などデジタルコンテンツを不正使用から保護するソリューションのβ版配布を、同日より開始したと発表した。本サービスを利用することにより、Webページを閲覧する際にページの印刷、画像およびテキストの保存、ソースの表示、画面キャプチャ、クリップボードへのコピーなど、ページ閲覧以外の行為を防止できる。

 本サービスは、テルテンが2007年1月に発売した、サーバ単位でコンテンツの転用を防止するWebコンテンツ保護ソリューション「WebShell」の技術を応用したサービス。β版では、DRM機能(画像データなどの複製防止)サービスを無料で利用することができ、β版利用方法や製品に関する問い合せはサイト上で受け付けている。

 なお、ASP版の本格展開は5月を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...