テルテン、サイトコンテンツを不正使用から守るサービスのβ版を配布NEWS

テルテンは、サイト上のテキスト、画像、動画などデジタルコンテンツを保護するソリューションのβ版配布を同日より開始した。

2007年04月02日 21時33分 公開
[TechTarget]

 テルテンは4月2日、インターネットサイト上のテキスト、画像、動画などデジタルコンテンツを不正使用から保護するソリューションのβ版配布を、同日より開始したと発表した。本サービスを利用することにより、Webページを閲覧する際にページの印刷、画像およびテキストの保存、ソースの表示、画面キャプチャ、クリップボードへのコピーなど、ページ閲覧以外の行為を防止できる。

 本サービスは、テルテンが2007年1月に発売した、サーバ単位でコンテンツの転用を防止するWebコンテンツ保護ソリューション「WebShell」の技術を応用したサービス。β版では、DRM機能(画像データなどの複製防止)サービスを無料で利用することができ、β版利用方法や製品に関する問い合せはサイト上で受け付けている。

 なお、ASP版の本格展開は5月を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...