2007年05月08日 20時09分 公開
ニュース

アーク情報システム、韓国で多くのシェアを誇るスパム対策ソリューションの販売を開始NEWS

アーク情報システムは、スパムメール対策ソリューション「SpamSniper」を5月中旬より日本国内で販売開始する。

[TechTarget]

 アーク情報システムは5月8日、スパムメール対策ソリューション「SpamSniper(スパムスナイパー)」を5月中旬より日本国内で本格的に販売開始すると発表した。

 SpamSniperは、韓国のJiransoft社が開発したアンチスパムソリューション。韓国内ではサムスングループ、LGグループ、現代グループをはじめ、ソウル大学、プサン大学など、大手企業や主要機関などで多くの導入実績を誇っている。また、2006年末からアーク情報システム内と同社の提携先である学校法人岩崎学園で試験的に利用・評価を行った結果、同社の計測では95%以上のスパム遮断率を達成したという。

 なお、SpamSnipeは5月16日から東京ビッグサイトで開催される「第4回情報セキュリティEXPO」にて出展、展示される予定。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...