2007年05月08日 20時09分 UPDATE
ニュース

NEWSアーク情報システム、韓国で多くのシェアを誇るスパム対策ソリューションの販売を開始

アーク情報システムは、スパムメール対策ソリューション「SpamSniper」を5月中旬より日本国内で販売開始する。

[TechTarget]

 アーク情報システムは5月8日、スパムメール対策ソリューション「SpamSniper(スパムスナイパー)」を5月中旬より日本国内で本格的に販売開始すると発表した。

 SpamSniperは、韓国のJiransoft社が開発したアンチスパムソリューション。韓国内ではサムスングループ、LGグループ、現代グループをはじめ、ソウル大学、プサン大学など、大手企業や主要機関などで多くの導入実績を誇っている。また、2006年末からアーク情報システム内と同社の提携先である学校法人岩崎学園で試験的に利用・評価を行った結果、同社の計測では95%以上のスパム遮断率を達成したという。

 なお、SpamSnipeは5月16日から東京ビッグサイトで開催される「第4回情報セキュリティEXPO」にて出展、展示される予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。