メールからの情報漏えいを防止するアプライアンス製品に新モデルNEWS

オレンジソフトは5月14日、メールからの情報漏えいを防止するメール暗号化アプライアンス製品「BRODIAEA safeAttach」の新モデルを、6月より販売を開始すると発表した。

2007年05月14日 21時04分 公開
[TechTarget]

 オレンジソフトは5月14日、メールの添付ファイルの暗号化をメールサーバ側で行うことにより情報漏えいを防止するメールゲートウェイアプライアンス製品「BRODIAEA safeAttach」の新モデル「BRSA-02」の販売を、6月より開始すると発表した。

 BRODIAEA safeAttachは、メールの添付ファイルの暗号化処理を自動で行うことにより、「顧客名簿をメールで送る」「見積書をメールで送る」など、これまでセキュリティ上、タブーとされてきた重要ファイルのメール添付を可能にしてくれる製品だ。暗号化されたデータを開くためのパスワードは、元メールの送信から一定時間遅れて送信されるため、通知前のキャンセルも可能。メールサーバ側で暗号化するため、Webメール、グループウェアなど、メーラーの種類を選ばない。

 従来のラック型モデルに加えて、タワー型の筐体を採用した新モデル「BRSA-02T」も同時に販売を開始する。価格は「BRSA-02」「BRSA-02T」ともに150万円となおり、使用するユーザー数に制限はない。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...