メトロ、「Pointsec」にNOKIA E61対応の新ラインアップを発売NEWS

メトロが「NOKIA E61」に対応したモバイルセキュリティ対策ソフト「Pointsec for Symbian」の出荷を開始する。メモリを自動で暗号化し、セキュリティポリシーにより情報漏えいを防止する。

2007年05月25日 18時48分 公開
[TechTarget]

 メトロは5月25日、モバイルセキュリティ対策ソフト「Pointsec」の新ラインアップ「Pointsec for Symbian」を5月28日より出荷開始すると発表した。本ソフトは、モバイルデバイスの内部メモリや外部メモリを自動で暗号化し、セキュリティポリシーを強制することで情報漏えいを防止するもの。新ラインアップでは、ノキア製のエンタープライズ市場向け端末「NOKIA E61」に対応した。

 本ソフトによって、管理者が事前設定したルールに従い、NOKIA E61の内部/外部メモリ内ファイルを自動で暗号化することが可能となる。暗号化アルゴリズムは、AES 128bitを利用。ルールには、パスワードルール、アタックロック回数、最低パスワード長、メディア暗号化ルールなどがあり、これらの集中管理が行える。なお、設定したルールは利用者が変更できないようになっている。また、暗号化した内部/外部メモリ内のファイルにユーザーがアクセスするときには、オリジナルの認証画面が表示され、一度認証を通過していても管理者が事前に設定した時間を経過すると再度認証画面が表示される。セキュリティが強化されている反面で、遠隔地からのパスワード忘れ(ロックアウト解除)対応が可能であるなど、利便性も重視されている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...