2007年06月08日 18時59分 公開
ニュース

ロックオン、eマーケティング効果測定システムにレポート自動生成機能NEWS

ロックオンが、eマーケティング効果測定システム「EBiS」の付加機能として、クリックだけでレポートを作成できるレポート自動生成プログラムの提供を開始した。

[TechTarget]

 ロックオンは6月8日、eマーケティング効果測定システム「EBiS」の付加機能として、クリックだけでレポートを作成できるレポート自動生成プログラムの提供を開始した。本プログラムは、EBiSシステムにEBiS-API経由で接続し、Excel形式の効果測定レポートを生成するというもの。「EBiS」および「EBiS-API(現在β版のため、無料)」を利用しているユーザーであれば、追加費用なしで利用できる。

 従来の広告会社レポートと同様にメールでの受け渡しが可能で、カスタマイズを加えることで完全オリジナルのレポートを生成することも可能。これにより広告代理店はレポート作成コストを削減でき、広告主企業は検証・意志決定のスピードを速めることができるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...