ワーカーズ、コールセンター発信業務専用の安価なパッケージソフトを発売NEWS

10席以下の中小規模向けコールセンターソリューション

2007年06月12日 15時10分 公開
[TechTarget]

 ワーカーズは、コールセンター発信業務専用のパッケージソフト「TimeCompression 01・タイムコンプレッション 発信業務バージョン」を6月14日より発売すると発表した。本製品は、既存顧客や新規顧客に対し営業活動を行う際に、「Microsoft Office Access」をプラットフォームとして利用してリストの重複や架電状況の一元管理を行う。

 電話や電子メールによる販売促進活動や顧客への営業活動の記録、交渉履歴などの一覧表示はもちろんのこと、使用スタッフの履歴管理や操作権限管理も可能となっており、使用する業務形態に応じてさらなるカスタマイズも可能だという。

 本製品は月間発信電話件数が1000〜9000件程度、10席以下のボリュームで営業アポイントや発信業務を行っている中小規模のコールセンターでの運用を想定している。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...