2007年06月14日 18時53分 公開
ニュース

NEC、社内ネットワークに未許可の持ち込みPCを接続させない製品を発売NEWS

さまざまなセキュリティ機能を相互に自動連携する「協調型セキュリティ」

[TechTarget]

 NECとNECネッツエスアイは6月14日、セキュリティ製品「InfoCage 不正接続防止」および「ワーム感染拡大防止システム」を発表した。

 InfoCage 不正接続防止は従来製品「WebSAM SecureVisor」を強化したもので、社内ネットワークを常時監視しながら、許可されていない持ち込みPCをネットワークから遮断する。製品化に当たって、管理を効率化するグルーピング機能、不正接続の形跡を把握する証跡機能、管理対象台数の拡大などの管理機能を強化した。また、クラスタリングソフト「CLUSTERPRO X」との連携による管理サーバの冗長化や、Windows Vista対応などの強化も図られている。同日より販売を開始し、7月17日より出荷開始される予定。提供価格は最小構成で40万円(税抜)から。

 ワーム感染拡大防止システムは、インターネット セキュリティ システムズの不正侵入検知防御システム「Proventia Network IPS」とInfoCage 不正接続防止が連携してワームやウイルス感染を防止する。Proventia Network IPSがワームやウイルスに感染したPCを検知すると、その情報をInfoCage 不正接続防止に通知し、問題PCをネットワークから遮断することで被害を最小限に抑えるという。提供価格は、最小構成で89万5千円(税抜)から。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...