日本HP、中小規模向けに2種類のバックアップ製品を発表NEWS

ディスクバックアップシステムとDDS新世代テープドライブをラインアップに追加

2007年06月28日 22時47分 公開
[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは6月28日、中小規模環境で運用が容易なバックアップ環境を実現する製品として、ディスクを使ったストレージバックアップ製品「HP StorageWorks D2D120 Backup System」と、第6世代のDDS(Digital Data Storage)テクノロジを採用したDAT(Digital Audio Tape)ドライブ「HP StorageWorks DAT160 テープドライブ」の2製品を発表した。

 HP StorageWorks D2D120 Backup Systemは、エントリークラスのディスクを利用したバックアップ装置で、大企業の部門、学校や小売業など、中小規模環境サーバの日常的なバックアップ業務に適しているという。効率的なリストアが可能で、短時間での導入と管理のしやすさが特徴となっている。ユーザー領域として1.5Tバイトの容量があり、ネットワーク上の4台までのサーバから同時にバックアップすることが可能。また、1次バックアップとして利用し、その後、長期保存用にテープへデータ移行を行うなどの柔軟な運用が可能となっている。価格は29万4000円(税込)で、7月中旬に出荷開始予定。

HP StorageWorks D2D120 Backup System

 HP StorageWorks DAT160 テープドライブは、同社が開発した第6世代のDDS技術を採用しており、低価格のメディアやドライブを使用することで所有コストを低減できるほか、導入が容易なUSBモデルが用意されているのが特徴。カートリッジ1本に160Gバイト(2:1圧縮時)のDAT最大の容量を実現している。価格は14万7000円(税込)からで、7月下旬に出荷開始予定。

 なお同社では、7月12日にシマンテックと共催で「ITトレンド・フォーラム 2007 〜 データ保護最前線、あなたの会社は大丈夫? 後回しに出来ないデータ保護 〜」と題したセミナーを開催。「データ保護」をメインテーマに、より具体的なデータ保護方法を事例を交えて紹介する内容になっている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...