2007年07月02日 19時42分 公開
ニュース

日本オラクル、内部統制管理のプロセスを自動化/最適化する新製品を発売NEWS

企業のガバナンス、リスク、コンプライアンスに向けた取り組みを本格化

[TechTarget]

 日本オラクルは7月2日、内部統制管理における一連のプロセスを自動化/最適化するアプリケーション製品「Oracle Governance, Risk, and Compliance Manager(GRCM)」を7月3日より提供開始する。また、GRCMのオプション製品である職務分掌管理ツール「Oracle Application Access Controls(AAC)」、業務処理統制モニタリングツール「Oracle Application Configuration Controls(ACC)」、および情報分析ツール「Fusion Governance, Risk, and Compliance Intelligence(Fusion GRC Intelligence)」も同日より提供を開始する。

 GRCMは、ビジネスプロセスにおけるリスクとコントロールを「リスク・コントロール・マトリックス」により管理する製品。内部統制評価(テスト)も実施でき、不備、欠陥の把握から改善処理、有効性の評価と報告といった業務を支援する。またオプション製品であるAACとACCを導入することで、IT統制上極めて重要度の高い、職務分掌と業務システムの設定変更管理が可能。さらにFusion GRC Intelligenceを併用することにより、企業全体の内部統制状況の可視化と分析も可能になるとしている。

 今回発表されたGRCMを、同社が提供するグループ会社のデータ収集・連結および連結データの分析用アプリケーション「Financial Consolidation Hub」と併用することで、複雑化するコンプライアンス要件への対応や監査の効率化ができるという。また、eラーニングツール「Learning Management」と組み合わせることにより、社員教育を効率化的に実施できる。これらの各種ツールにより、同社は企業の全社統制への取り組みを支援するとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...

news079.jpg

P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...