2007年07月05日 20時31分 UPDATE
ニュース

NEWSTCBテクノロジーズと弥生、両社製品を組み合わせたネットワーク対応業務ソリューション

セキュアなリモートアクセスや情報漏えい対策の強化、TCOの削減を可能に

[TechTarget]

 TCBテクノロジーズと弥生は7月5日、サーバベースコンピューティング(SBC)によるセキュアなネットワーク対応業務ソリューションの提供で協業すると発表した。今回の協業では、弥生が提供するネットワーク対応型業務ソフト「弥生ネットワーク」シリーズと、TCBが提供するアプリケーションサーバソフトウェア「Propalms TSE」を組み合わせることで、リモートアクセスのセキュリティと情報漏えい対策の強化、TCOの削減、業務プロセスの円滑化・効率化を実現するという。両社は、今後この連携ソリューションの販売・マーケティング活動を共同で展開し、大規模システムが必要な大手企業だけでなく、中小規模法人も含めた幅広い市場を開拓していく計画だ。

 弥生ネットワークシリーズは、LAN/WAN環境で複数ユーザーが同時に利用できるクライアント/サーバ型の業務ソフト。また、Propalms TSEは、Windowsサーバベースコンピューティング環境を、低価格で構築可能なアプリケーションサーバソフト。今回の連携ソリューションでは、Propalms TSEによるセキュアなサーバベースコンピューティング環境で弥生ネットワークシリーズを利用できるため、クライアントPCにアプリケーションをインストールする必要がなく、メンテナンス費用やウイルス対策費用などを削減できるという。さらに、シンクライアントの利用も可能になるため、クライアントPCの紛失などによる情報漏えい対策も強化できるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...