IBMのストレージ仮想化技術、新しいベンチマーク結果で世界最速を記録NEWS

ストレージ仮想化ソリューションが前モデルのスピードを75%上回るベンチマーク結果を達成

2007年07月13日 18時21分 公開
[TechTarget]

 日本IBMは7月13日、米IBMの主力ストレージ仮想化ソリューションが、前モデルのスピードを75%上回るベンチマーク結果を達成し、ストレージ・システムの業界団体であるStorage Performance Council(SPC)より現時点で世界最速・最強のストレージ仮想化ソリューションとして認定されたと発表した。認定されたソリューションは、同社の「IBM System Storage SAN Volume Controller(SVC)」ストレージ仮想化ソリューション。

 今回提出されたSPC-1結果では、以前に提出したSPC-1結果より75%以上も高速な272505.19 SPC-1 IOPSというパフォーマンスを示した。これはSVC自身が保持していた世界記録を塗り替える結果であり、I/Oスループット(IOPS、input/output requests per second:1秒あたりの入出力回数)の新たな世界記録を樹立したことになる。さらにSVCは、以前のSPC-2結果より50%も高速な7084.44 SPC-2 MBPSというSPC-2結果を達成した。この結果もSVC自身が持っていた世界記録を更新する新記録となっている。

 SVCを利用することで、ユーザーはSVCによってサポートされているEMC、IBM、HP、日立などのストレージ機器を任意に組み合わせて統合的に仮想化でき、管理を容易にしながら柔軟なストレージ環境を展開できるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news026.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...