2007年07月13日 18時23分 公開
ニュース

セコムトラストシステムズ、EV SSL証明書サービスを開始NEWS

アドレスバーが緑色になることで、安全なWebサイトの識別がひと目で可能に

[TechTarget]

 セコムトラストシステムズは7月12日、EV SSL証明書「セコムパスポート for Web EV」のサービスを開始したと発表した。同社は日本の電子認証局として初となるWebtrust for EV認定を取得した。本サービスは、Internet ExplorerなどのWebブラウザのアドレスバーを変色させる仕組みにより、インターネット利用者がひと目で安全なWebサイトであるか否かを識別可能になるというもの。

 EV SSL証明書とは、フィッシング詐欺や身元詐欺などの悪質なネット犯罪が急増する中、健全なネットビジネス発展のために、世界の主要な電子認証局とブラウザベンダーによって設立した「CAブラウザフォーラム」が策定した認証、発行、保守について要求される運用基準に基づいた証明書である。同社は、CAブラウザフォーラムに正会員として参加している。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...