2007年07月18日 19時41分 公開
ニュース

セールスフォース、Apexコードを提供する「Salesforce Summer '07」を発表NEWS

開発環境の実装により、プラットフォーム戦略を本格化

[TechTarget]

 セールスフォース・ドットコムは7月18日、オンデマンドアプリケーション「Salesforce」の最新バージョン、「Salesforce Summer '07(以下、Summer '07)」を発表した。今回のバージョンアップにより、既存のSalesforceのカスタマイズや修正などが可能なセールスフォース・ドットコム独自の開発言語、「Apexコード」が一般提供される。ApexコードはJavaに似た開発言語であり、これにより作成されたアプリケーションはすべてWebサービスとして提供でき、SOAP標準およびXML標準を通じてアクセスできる。また、ユーザーがApexコードを使って作成したさまざまなアプリケーションは、Salesforceと同様、自動的にアップグレードされるという。

 同社は、Salesforceに開発環境が実装されたことにより、「PaaS(Platform-as-a-Service:サービスとしてのプラットフォーム)」という言葉を使って同社のサービスを説明。今後もプラットフォーム戦略を積極的に進めていくとしている。なお、Summer '07は、2007年8月より提供を開始する。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...