2007年07月23日 19時44分 公開
ニュース

HDE、スパムメール対策ソフトウェアの新バージョンを発表NEWS

合計16種類のフィルタリング技術を採用し、フィルタリング処理能力を大幅に向上

[TechTarget]

 HDEは7月23日、スパムメール対策ソフトウェアの新バージョン「HDE Anti-Spam 2 for Gateway」を8月29日より発売すると発表した。新バージョンではこれまでの6種類のフィルタリング機能に加えて、新たにDKIM、greylisting、RCPT TO検証など10種類のフィルタリング機能を追加。合計16種類のフィルタリング機能により、スパムメール処理のパフォーマンスを向上している。

 また、レポート機能も強化され、年間、月間、週間、24時間のほか、1年間のフィルタリングパフォーマンスのレポーティングが可能になった。表示されるレポーティングはPDF形式でダウンロードできるため、そのままレポートとして提出することも可能。なお、本製品の発売に伴い、1000ユーザー以上で購入した場合に通常価格の半額で製品を提供する、「フィルタリング実感半額キャンペーン」を2008年3月末まで実施するとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...