2007年07月23日 19時44分 UPDATE
ニュース

NEWSHDE、スパムメール対策ソフトウェアの新バージョンを発表

合計16種類のフィルタリング技術を採用し、フィルタリング処理能力を大幅に向上

[TechTarget]

 HDEは7月23日、スパムメール対策ソフトウェアの新バージョン「HDE Anti-Spam 2 for Gateway」を8月29日より発売すると発表した。新バージョンではこれまでの6種類のフィルタリング機能に加えて、新たにDKIM、greylisting、RCPT TO検証など10種類のフィルタリング機能を追加。合計16種類のフィルタリング機能により、スパムメール処理のパフォーマンスを向上している。

 また、レポート機能も強化され、年間、月間、週間、24時間のほか、1年間のフィルタリングパフォーマンスのレポーティングが可能になった。表示されるレポーティングはPDF形式でダウンロードできるため、そのままレポートとして提出することも可能。なお、本製品の発売に伴い、1000ユーザー以上で購入した場合に通常価格の半額で製品を提供する、「フィルタリング実感半額キャンペーン」を2008年3月末まで実施するとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...