日本ユニシス、クアッドコア搭載の企業向け中小型サーバを発売NEWS

「CS300Lシリーズ」の後継となる、MCP環境で稼働するエンタープライズサーバ中小型機「CS400Lシリーズ」を発売

2007年07月25日 20時51分 公開
[TechTarget]

 日本ユニシスは7月25日、MCP(Master Control Program:米ユニシス製メインフレーム)環境で稼働するエンタープライズサーバ中小型機「CS400Lシリーズ」を、同日より販売開始したと発表した。本シリーズは、「CS300Lシリーズ」の後継機に位置付けられる機種。インテル クアッドコア・プロセッサを搭載し、前機種と比較して処理性能を約50%向上させているという。必要なときに必要な性能が得られる「キャパシティオンデマンド機能」により、業務ピーク時あるいは別システムの障害バックアップ用として増強が可能だ。

 また、カートリッジテープ装置として高い信頼性を持つ「LTO(Linear Tape-Open)Ultriumテープ装置」を基本パッケージに含むため、安全で効率的なデータの外部保管を可能にしている。さらに、提供メモリ容量や内蔵ディスク容量の倍増化を図り、顧客の運用効率と価格性能比を向上。標準で提供される基本ソフトウェア群(IOE:Integrated Operating Environment)に、セキュリティ機能を提供するソフトウェアコンポーネントが追加されたことも特徴となっている。最小構成価格は月額52万円から。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...