2007年07月27日 20時37分 公開
ニュース

ディサークル、ポータル型ワークフローシステム「POWER EGG」を内部統制対応に向け機能強化NEWS

決裁ルートの自動生成機能や多様なアクセス制御を実現し、さらなる内部統制レベル向上を支援

[TechTarget]

 ディサークルは7月27日、ポータル型ワークフローシステム「POWER EGG」の機能強化を行い、「POWER EGG Ver1.9」として販売を開始したと発表した。ポータル、グループウェア、ワークフロー(稟議、経費精算など)、SFA、基幹システム連携機能を標準装備し、決裁ルートの自動生成やアクセス制御などの機能で内部統制強化を支援する。また、独自の仕組みである「世代別階層型組織図」により、組織変更時のシステム運用管理者にかかるメンテナンス負荷を削減するとしている。

 新バージョンでは、操作履歴のモニタリングができるよう、ログ取得・ログの照会機能のほか、組織・役職・社員区分などの多様なアクセス権限設定機能や、決裁ルートの自動生成、その証跡管理・改ざん防止機能も装備している。さらに、有効期限設定・文字列履歴管理・一定回数以上の入力間違いによるアカウントロック機能や、マスタ情報が正しく入力されたことを確認できるリスト出力機能など、内部統制にかかわるさまざまな機能を実装している。

 同社によると本製品は主に中堅企業をターゲットとしており、「会社が診える」「仕事が見える」「リスクが看える」「プロセスが視える」「お客様が観える」という5つの「見える化」を実現する、統合型ポータルパッケージソフトだとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...