2007年08月13日 05時00分 公開
特集/連載

VRF(Virtual Routing and Forwarding:仮想ルーティング/転送)Keywords

[TechTarget]

 VRF(Virtual Routing and Forwarding:仮想ルーティング/転送)は、IP(Internet Protocol)ネットワークルータに組み込まれている技術であり、ルーティングテーブルの複数のインスタンスがルータ内に存在して同時に機能することを可能にする。複数のデバイスを使用せずにネットワークパスを分割できるので、高度な機能を実現することができる。トラフィックは自動的に分離されるため、ネットワークのセキュリティも高まり、暗号化や認証を不要にすることもできる。多くのISP(インターネットサービスプロバイダー)が、各顧客に個別のVPN(Virtual Private Network)を作成するためにVRFを利用している。このため、同技術は「VPNルーティング/転送」と呼ばれることもある。

 VRFは論理ルータのように動作する。しかし論理ルータには多数のルーティングテーブルが含まれているが、各VRFインスタンスはルーティングテーブルを1つしか使用しない。またVRFは、各データパケットの次の転送先を指定するフォワーディングテーブル、パケットの転送時に呼び出される可能性のあるデバイスのリスト、そしてパケットの転送方法をコントロールするルールセットとルーティングプロトコルを必要とする。これらのテーブルは、特定のVRFパスの外にトラフィックが転送されるのを防止するとともに、VRFパスに入ってはならないトラフィックの侵入を防止する。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...