VRF(Virtual Routing and Forwarding:仮想ルーティング/転送)Keywords

2007年08月13日 05時00分 公開
[TechTarget]

 VRF(Virtual Routing and Forwarding:仮想ルーティング/転送)は、IP(Internet Protocol)ネットワークルータに組み込まれている技術であり、ルーティングテーブルの複数のインスタンスがルータ内に存在して同時に機能することを可能にする。複数のデバイスを使用せずにネットワークパスを分割できるので、高度な機能を実現することができる。トラフィックは自動的に分離されるため、ネットワークのセキュリティも高まり、暗号化や認証を不要にすることもできる。多くのISP(インターネットサービスプロバイダー)が、各顧客に個別のVPN(Virtual Private Network)を作成するためにVRFを利用している。このため、同技術は「VPNルーティング/転送」と呼ばれることもある。

 VRFは論理ルータのように動作する。しかし論理ルータには多数のルーティングテーブルが含まれているが、各VRFインスタンスはルーティングテーブルを1つしか使用しない。またVRFは、各データパケットの次の転送先を指定するフォワーディングテーブル、パケットの転送時に呼び出される可能性のあるデバイスのリスト、そしてパケットの転送方法をコントロールするルールセットとルーティングプロトコルを必要とする。これらのテーブルは、特定のVRFパスの外にトラフィックが転送されるのを防止するとともに、VRFパスに入ってはならないトラフィックの侵入を防止する。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。

news026.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。