ゼンド・ジャパン、「Zend Core for PowerGres on Windows」を発表NEWS

ゼンドの「Zend Core」とSRA OSSの「PowerGres on Windows」を組み合わせた、Webシステム開発環境を構築するためのツール

2007年08月27日 19時17分 公開
[TechTarget]

 ゼンド・ジャパンとSRA OSS 日本支社は8月27日、「Zend Core for PowerGres on Windows」を9月3日より発売すると発表した。本製品はゼンドの「Zend Core」とSRA OSSの「PowerGres on Windows」を組み合わせたWebシステム開発環境構築ツール。WindowsでWebシステム開発を行う技術者のために、Apache、PHP、PowerGresを一括インストールし、すぐにシステム開発に入れる環境を提供する。また開発者支援として技術サポートを年間契約で提供する。

 「本番環境はLinux、開発環境はWindows」というケースでは、開発者がWindows環境で開発環境を構築するのに煩雑な設定作業が多く、開発効率の低下を招く一因でもあった。本製品の導入によって、Windows環境でLAPP(Linux、Apache、PostgreSQL、PHP)開発を行う開発者のシステム構築の負担を軽減し、技術サポートにより開発効率を向上できるとしている。価格は5万2500円(年間)で、ソフトウェアのインストール、設定、使い方(マニュアルレベル)のサポートをメールで提供する。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...