2007年09月07日 20時29分 公開
ニュース

ネットスイート、SaaS型統合業務アプリケーションの最新版を発売NEWS

Ajaxベースのユーザーインタフェースの操作性を向上するとともに、複雑な業務プロセスを自動化するための、100以上におよぶ新機能を搭載した「NetSuite 2007.0」日本版を発表

[TechTarget]

 ネットスイートは9月6日、SaaS型統合業務アプリケーション「NetSuite」の最新バージョンとして「NetSuite 2007.0」日本版を発表した。新バージョンでは、Ajaxベースのユーザーインタフェースの操作性を向上するとともに、複雑な業務プロセスを自動化するための新機能(100以上)を搭載したという。特に導入、運用をより速く、シンプルにする「ネットスイートアシスタント」、ビジネスインテリジェンスの経済性と使いやすさを変革する「スイートアナリティクス」、日本のビジネスへの導入を円滑に進めるための「日本向け機能拡張と標準設定」の3つの分野を中心に、ビジネスを支援するとしている。

 ネットスイートアシスタントは、初期設定やデータのインポート、帳票設計など複雑な導入・運用を、AjaxによるWebベースの対話型ツール群で容易にし、複雑な業務の設定や運用における負担を軽減、生産性を向上するという。また、スイートアナリティクスによりNetSuiteは基幹業務用の統合データベースとして機能する。事実上データウェアハウスの役割を果たすため、従来のデータウェアハウスシステムの複雑さや作業時間およびコストを伴わずにビジネスインテリジェンスを提供できるとしている。さらに、請求書発行管理機能や和暦表示設定など、日本向けに最適化された標準設定を追加。価格は1ユーザー当たり月額1万1000円から。なお、既存の顧客向けには追加費用なしですでに提供を開始している。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...