2007年09月13日 17時48分 公開
ニュース

三菱総研DCS、Webアプリとデータベースを守る統合アプライアンスを発売NEWS

Webアプリケーションサーバとデータベースサーバのセキュリティを確保するデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」の販売を開始

[TechTarget]

 三菱総研DCSは9月13日、米Impervaのデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」を同日より販売開始したと発表した。本製品は、Webアプリケーションとデータベースへの攻撃や不正なアクセスを監視、防御、監査する統合的なデータセキュリティアプライアンアス製品。既存インフラへの影響なく設置できるとともに、アプリケーションの変更にも自動で対応するため、ポリシーの再設定が不要だとういう。さらにHTTP検査技術とSQL分析技術により、アプリケーションユーザーの特定も可能となっている。

 Webアプリケーションサーバへの攻撃を防御するWebアプリケーションファイアウォール「SecureSphere WAF(480万円から)」、データベースサーバへの不正なSQLを監視・防御するデータベースセキュリティゲートウェイ「SecureSphere DSG(720万円から)」、WebアプリケーションサーバへのHTTPリクエストとデータベースサーバへのSQLを検査、照合し、アプリケーション操作のログを取得するデータベースモニタリングゲートウェイ「SecureSphere DMG(560万円から)」の3製品がラインアップされる。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...