2007年09月13日 17時48分 公開
ニュース

三菱総研DCS、Webアプリとデータベースを守る統合アプライアンスを発売NEWS

Webアプリケーションサーバとデータベースサーバのセキュリティを確保するデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」の販売を開始

[TechTarget]

 三菱総研DCSは9月13日、米Impervaのデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」を同日より販売開始したと発表した。本製品は、Webアプリケーションとデータベースへの攻撃や不正なアクセスを監視、防御、監査する統合的なデータセキュリティアプライアンアス製品。既存インフラへの影響なく設置できるとともに、アプリケーションの変更にも自動で対応するため、ポリシーの再設定が不要だとういう。さらにHTTP検査技術とSQL分析技術により、アプリケーションユーザーの特定も可能となっている。

 Webアプリケーションサーバへの攻撃を防御するWebアプリケーションファイアウォール「SecureSphere WAF(480万円から)」、データベースサーバへの不正なSQLを監視・防御するデータベースセキュリティゲートウェイ「SecureSphere DSG(720万円から)」、WebアプリケーションサーバへのHTTPリクエストとデータベースサーバへのSQLを検査、照合し、アプリケーション操作のログを取得するデータベースモニタリングゲートウェイ「SecureSphere DMG(560万円から)」の3製品がラインアップされる。

ITmedia マーケティング新着記事

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...

news002.jpg

好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と...