2007年09月13日 17時48分 公開
ニュース

三菱総研DCS、Webアプリとデータベースを守る統合アプライアンスを発売NEWS

Webアプリケーションサーバとデータベースサーバのセキュリティを確保するデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」の販売を開始

[TechTarget]

 三菱総研DCSは9月13日、米Impervaのデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」を同日より販売開始したと発表した。本製品は、Webアプリケーションとデータベースへの攻撃や不正なアクセスを監視、防御、監査する統合的なデータセキュリティアプライアンアス製品。既存インフラへの影響なく設置できるとともに、アプリケーションの変更にも自動で対応するため、ポリシーの再設定が不要だとういう。さらにHTTP検査技術とSQL分析技術により、アプリケーションユーザーの特定も可能となっている。

 Webアプリケーションサーバへの攻撃を防御するWebアプリケーションファイアウォール「SecureSphere WAF(480万円から)」、データベースサーバへの不正なSQLを監視・防御するデータベースセキュリティゲートウェイ「SecureSphere DSG(720万円から)」、WebアプリケーションサーバへのHTTPリクエストとデータベースサーバへのSQLを検査、照合し、アプリケーション操作のログを取得するデータベースモニタリングゲートウェイ「SecureSphere DMG(560万円から)」の3製品がラインアップされる。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...

news013.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。