2007年09月13日 17時48分 公開
ニュース

三菱総研DCS、Webアプリとデータベースを守る統合アプライアンスを発売NEWS

Webアプリケーションサーバとデータベースサーバのセキュリティを確保するデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」の販売を開始

[TechTarget]

 三菱総研DCSは9月13日、米Impervaのデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」を同日より販売開始したと発表した。本製品は、Webアプリケーションとデータベースへの攻撃や不正なアクセスを監視、防御、監査する統合的なデータセキュリティアプライアンアス製品。既存インフラへの影響なく設置できるとともに、アプリケーションの変更にも自動で対応するため、ポリシーの再設定が不要だとういう。さらにHTTP検査技術とSQL分析技術により、アプリケーションユーザーの特定も可能となっている。

 Webアプリケーションサーバへの攻撃を防御するWebアプリケーションファイアウォール「SecureSphere WAF(480万円から)」、データベースサーバへの不正なSQLを監視・防御するデータベースセキュリティゲートウェイ「SecureSphere DSG(720万円から)」、WebアプリケーションサーバへのHTTPリクエストとデータベースサーバへのSQLを検査、照合し、アプリケーション操作のログを取得するデータベースモニタリングゲートウェイ「SecureSphere DMG(560万円から)」の3製品がラインアップされる。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。