2007年09月21日 19時07分 公開
ニュース

網屋とメトロジー、日本版SOX法対応ワンストップソリューションを共同提供NEWS

日本版SOX法対応における数多くの企業支援と実務経験を基に作成された総合的支援ソリューション「MAXIM-Suite」を提供開始

[TechTarget]

 網屋とメトロジーは9月21日、業務提携により日本版SOX法対応のワンストップソリューション「MAXIM-Suite」を同日より提供開始したと発表した。

 本ソリューションは、効率的に日本版SOX法対応を進めるためのプラットフォームの集合体となっており、コンサルティング、テンプレート、文書作成代行、運用ツールを組み合わせた各種メニューを用意している。これらのメニューを各社における内部統制に対する理解や日本版SOX法対応の進ちょく状況に応じて選択し、段階的に拡充していくことができるという。

 両社は、法対応の勘所を押さえた公認会計士とITシステムに精通したコンサルタントにより、顧客企業の業務部門とシステム部門の連携を取りながらバランスのよい評価、整備を行うとしている。

関連ホワイトペーパー

SOX法 | コンプライアンス | 内部統制


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...