エントラストジャパン、オンラインサービスの不正検出ソリューションを発売NEWS

オンラインサービスの不正取引をリアルタイムに検出し、リスクベース認証を実現する「Entrust TransactionGuard」を発売

2007年09月21日 19時09分 公開
[TechTarget]

 エントラストジャパンは9月21日、リアルタイム不正検出ソリューション「Entrust TransactionGuard」の日本国内での販売開始を発表した。本製品は、オンラインサービスにおける取引情報のリアルタイム監視、ユーザーの取引パターンに基づいた不正取引の判定、検出、レポートまで、一連の不正検出にかかわる機能を提供するソフトウェア製品。米国では大手銀行ですでに導入実績があり、日本でも金融機関を中心としたオンライントランザクションサービスの提供企業に、大きなメリットを提供するとしている。

 通信パケットからデータを収集して不正検出を行うため、オンラインバンキングなどの常に稼働しているアプリケーションのサービスを休止することなく導入が可能だという。また、認証強化プラットフォーム製品「Entrust IdentityGuard」との連携が可能となっており、検出されたリスクの高い取引に、よりセキュリティレベルの高い認証方式を組み合わせて提供する、「リスクベース認証ソリューション」を実現できるとしている。

関連ホワイトペーパー

認証 | 不正アクセス


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...