日本IBM、騒音や発熱、スペースを削減したブレード型ワークステーションNEWS

ブレード型ワークステーション「BladeCenter HC10」と専用クライアント端末「CP20」を発売

2007年10月10日 19時59分 公開
[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは10月10日、ブレード型ワークステーション「IBM BladeCenter HC10(以下、BladeCenter HC10)」と専用クライアント端末「IBM CP20 ワークステーション・コネクション・デバイス(以下、CP20)」を発表、10月22日より出荷開始すると発表した。

 BladeCenter HC10は、ワークステーション機能をブレードに集約し、LAN経由で接続した専用クライアント端末CP20経由で処理を行うブレード型ワークステーション。画像および入出力信号転送をハードウェアの機能で圧縮・暗号化し転送するため、従来のタワー型ワークステーションでの処理と同等のレスポンスを実現すると同時に、高いセキュリティの確保が可能だという。

 CP20はHDDを内蔵しないユーザー専用端末で、設定によりUSBポート経由の外付けHDDやメモリーキーへのデータの保管を制限できる。演算処理はサーバルームに設置されたBladeCenter HC10または接続されたストレージだけに保管されるため、端末側からのデータの外部持ち出しを防ぎ、処理データのセキュリティ向上が期待できるとしている。また、CP20はA5版サイズの筐体で省スペースを実現。ファンなどの可動部品を持たないため、従来のワークステーションに比べて端末側で9割の排熱、ならびに騒音をほぼ削減することができるという。

 価格はBladeCenter HC10が35万7000円(税込、2Dモデル最小構成価格)から。CP20が7万4970円(税込)。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...