2007年10月12日 04時45分 公開
特集/連載

rootkitからbootkitまで──極悪マルウェア対処法検出困難な隠ぺい技術からネットワークを守るには

元ブラックハットハッカーが、rootkitとbootkitの仕組みとその対処法を解説する。

[Noah Schiffman,TechTarget]

 おそらく、今日の悪質なコードの中で最も複雑で危険なタイプの1つが「rootkit」であろう。その名前が示すように、このタイプのマルウェアは、UNIXシステムの最高権限レベルである「root」アクセスを獲得し、その小さな(しばしば悪質な)実行可能パッケージの「キット」を配備することができる。これにより、このコードはシステム内への継続的かつ検出不可能なアクセスを提供できるのだ。

 今日のrootkitは、OSのカーネルへのアクセスを獲得することによって、そのパワーを引き出している。こういった「カーネルモード」のrootkitは、信頼されたすべてのシステムプロセスと同じ下位レベルで動作するため、システム制御の許可と効果的手段の提供のプロセスが隠されたままになる。

 継続的にシステムにアクセスでき、しかも検出を免れるというrootkitの能力は、セキュリティコミュニティーに難題を課している。Microsoftでは、カーネルモードのマルウェアおよびデジタル権利管理(DRM)違反を防止するために、すべてのデバイスドライバに対してデジタル署名を要求するポリシーをWindows Vistaで採用した。しかし、このセキュリティメカニズムは、サードパーティー各社がデバイスドライバを開発する妨げになるとして批判されている。Vistaが一部の周辺機器に対応しないのも、このポリシーが原因だと考えられているが、ブートセクタウイルスを連想させるようなrootkitの変種を作成しようとする試みに対してVistaのドライバ署名ポリシーが抑止力になっているのも確かだ。

「bootkit」

関連ホワイトペーパー

rootkit | マルウェア | セキュリティポリシー


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。