2007年10月16日 20時15分 UPDATE
ニュース

NEWS日立製作所、100万円を切るSMB市場向けローエンドディスクアレイを販売

ユーザー自身による導入・運用・保守を実現したIPネットワークストレージ「Hitachi Simple Modular Storage 100」を販売

[TechTarget]

日立製作所は10月16日、IPネットワークストレージ「Hitachi Simple Modular Storage 100」を同日より販売開始した。

 Hitachi Simple Modular Storage 100は、ディスクアレイの導入・運用・保守といったストレージ管理全体をユーザー自身でできるローエンドディスクアレイ。専用の「簡易セットアップウィザード」により、開梱から初期設定、サーバからの認識までを約30分で実行できる簡単導入を実現したという。また、エントリーモデルは100万円を下回る価格設定となっており、同社によると「中堅企業の中核システムや小規模な部門システムに最適なストレージ」だという。

 フロントエンドインタフェースとしてiSCSI(Internet Small Computer System Interface)、バックエンドインタフェースとしてSAS(Serial Attached SCSI)を採用したことにより、廉価なSAN(Storage Area Network)構築と高速データ転送を実現。またRAID 6の採用のほか、主要コンポーネントの二重化/冗長化、ASICによるデータへの保証コード付加により、高信頼性を実現しているという。保証期間は標準で5年間で、保証のレベルを「Premium」(24時間365日受付対応)か「Basic」(平日9:00〜17:00受付対応)から選べる。価格は99万7500円から。出荷開始はSASモデルが10月31日、SATAモデルが11月30日を予定している。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | 日立製作所 | SAN | SMB


ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...