2007年10月19日 19時19分 UPDATE
特集/連載

KeywordsSAN(Storage Area Network)

[TechTarget]

 SAN(Storage Area Network)は、各種のデータストレージデバイスをデータサーバに接続する高速な専用ネットワーク(あるいはサブネットワーク)で、大規模なネットワークのユーザーにサービスを提供する。一般に、SANは企業のコンピューティングリソースのネットワーク全体の一部を構成する。SANはほかのコンピューティングリソース(IBM z990メインフレームなど)に隣接する形でクラスタ化されることが多いが、バックアップやアーカイブ用のストレージとして離れた場所に拡張される場合もある(その場合はATMやSONETなどの広域ネットワークキャリア技術が用いられる)。

 SANでは、ESCON(IBMの光ファイバ方式の接続技術)などの既存の通信技術を利用できるほか、比較的新しいファイバチャネル技術を使用することもできる。SANをPCの共通ストレージバス(データが流れるバス)に例えるSANシステムインテグレーターもある。PC内でハードディスクやCD-ROMドライブなど各種のストレージデバイスがバスを共有するところが似ているからだ。

 SANはディスク監視、バックアップ/リストア、アーカイブ保存/アーカイブデータの取り出し、ストレージデバイス間でのデータ移動、ネットワーク内の異なるサーバ間でのデータ共有などの機能をサポートする。NAS(Network Attached Storage)システムが含まれるサブネットワークをSANに組み込むことも可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...