2007年10月19日 19時19分 UPDATE
特集/連載

KeywordsSAN(Storage Area Network)

[TechTarget]

 SAN(Storage Area Network)は、各種のデータストレージデバイスをデータサーバに接続する高速な専用ネットワーク(あるいはサブネットワーク)で、大規模なネットワークのユーザーにサービスを提供する。一般に、SANは企業のコンピューティングリソースのネットワーク全体の一部を構成する。SANはほかのコンピューティングリソース(IBM z990メインフレームなど)に隣接する形でクラスタ化されることが多いが、バックアップやアーカイブ用のストレージとして離れた場所に拡張される場合もある(その場合はATMやSONETなどの広域ネットワークキャリア技術が用いられる)。

 SANでは、ESCON(IBMの光ファイバ方式の接続技術)などの既存の通信技術を利用できるほか、比較的新しいファイバチャネル技術を使用することもできる。SANをPCの共通ストレージバス(データが流れるバス)に例えるSANシステムインテグレーターもある。PC内でハードディスクやCD-ROMドライブなど各種のストレージデバイスがバスを共有するところが似ているからだ。

 SANはディスク監視、バックアップ/リストア、アーカイブ保存/アーカイブデータの取り出し、ストレージデバイス間でのデータ移動、ネットワーク内の異なるサーバ間でのデータ共有などの機能をサポートする。NAS(Network Attached Storage)システムが含まれるサブネットワークをSANに組み込むことも可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...