SAN(Storage Area Network)Keywords

2007年10月19日 19時19分 公開
[TechTarget]

 SAN(Storage Area Network)は、各種のデータストレージデバイスをデータサーバに接続する高速な専用ネットワーク(あるいはサブネットワーク)で、大規模なネットワークのユーザーにサービスを提供する。一般に、SANは企業のコンピューティングリソースのネットワーク全体の一部を構成する。SANはほかのコンピューティングリソース(IBM z990メインフレームなど)に隣接する形でクラスタ化されることが多いが、バックアップやアーカイブ用のストレージとして離れた場所に拡張される場合もある(その場合はATMやSONETなどの広域ネットワークキャリア技術が用いられる)。

 SANでは、ESCON(IBMの光ファイバ方式の接続技術)などの既存の通信技術を利用できるほか、比較的新しいファイバチャネル技術を使用することもできる。SANをPCの共通ストレージバス(データが流れるバス)に例えるSANシステムインテグレーターもある。PC内でハードディスクやCD-ROMドライブなど各種のストレージデバイスがバスを共有するところが似ているからだ。

 SANはディスク監視、バックアップ/リストア、アーカイブ保存/アーカイブデータの取り出し、ストレージデバイス間でのデータ移動、ネットワーク内の異なるサーバ間でのデータ共有などの機能をサポートする。NAS(Network Attached Storage)システムが含まれるサブネットワークをSANに組み込むことも可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...