2007年10月19日 19時43分 公開
ニュース

IBM、企業のマスターデータを一元管理できるSOAソフトを発表NEWS

顧客・製品・口座などのマスターデータを、SOA環境で管理するソフトウェア「IBM Master Data Management Server」を発表

[ITmedia]

 米IBMは10月15日(現地時間)、企業が持つ顧客・製品・口座などのさまざまなマスターデータをSOA環境におけるビジネス資産として管理するソフトウェア「IBM Master Data Management Server」を発表。βテストプログラムの提供を開始する。

 本ソフトウェアは、顧客情報や製品、口座に関するマスターデータを1つのプラットフォームから一元管理し、組織がそのデータをリアルタイムで定義・アクセス・使用できるように設計されているという。また、同社の顧客データ統合製品である「WebSphere Customer Center」が持つすべての機能を提供し、データガバナンス機能も装備している。

 同社は、既存のビジネスアプリケーションは顧客、製品、口座など固有のデータは保持していても、マスターデータを企業全体の資産として管理することはできない点を指摘。マスターデータを統合して多目的に活用するというニーズに対応するために、本ソフトウェアによって「マルチフォームマスターデータ管理」を提供するとしている。

関連ホワイトペーパー

SOA | IBM(アイ・ビー・エム)


ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news098.jpg

なぜサブスクリプションは失敗するのか?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。