IBM、企業のマスターデータを一元管理できるSOAソフトを発表NEWS

顧客・製品・口座などのマスターデータを、SOA環境で管理するソフトウェア「IBM Master Data Management Server」を発表

2007年10月19日 19時43分 公開
[ITmedia]

 米IBMは10月15日(現地時間)、企業が持つ顧客・製品・口座などのさまざまなマスターデータをSOA環境におけるビジネス資産として管理するソフトウェア「IBM Master Data Management Server」を発表。βテストプログラムの提供を開始する。

 本ソフトウェアは、顧客情報や製品、口座に関するマスターデータを1つのプラットフォームから一元管理し、組織がそのデータをリアルタイムで定義・アクセス・使用できるように設計されているという。また、同社の顧客データ統合製品である「WebSphere Customer Center」が持つすべての機能を提供し、データガバナンス機能も装備している。

 同社は、既存のビジネスアプリケーションは顧客、製品、口座など固有のデータは保持していても、マスターデータを企業全体の資産として管理することはできない点を指摘。マスターデータを統合して多目的に活用するというニーズに対応するために、本ソフトウェアによって「マルチフォームマスターデータ管理」を提供するとしている。

関連ホワイトペーパー

SOA | IBM(アイ・ビー・エム)


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...