アドバンスト・メディア、議事録作成支援システムに「話者推定機能」を搭載NEWS

「AmiVoice議事録作成支援システム」に、発言者の声の特徴から個人を特定し自動的に発言者の名前が入力される「話者推定機能」などを追加

2007年10月31日 19時59分 公開
[TechTarget]

 アドバンスト・メディアは10月31日、音声認証技術を活用した「AmiVoice議事録作成支援システム」の機能を強化し、発売すると発表した。

 本システムは、同社が2004年から発売している、音声認識による自動テキスト入力ができる議事録作成支援システム。使用する人の声や話し方の特徴を事前に学習させる必要がない「不特定話者」対応や、各ユーザーに合わせたカスタマイズをすることで高い音声認識率を実現している。

 今回、声紋認証技術を活用して発話者の声の特徴から個人を特定し、自動的に発話者の名前が記録される「話者推定機能」を搭載。従来のシステムでは議事録作成者が録音音声から話者を判断し入力する手間があったが、この機能によって議事録の作成時間や費用を削減できるとしている。また、搭載辞書が主に議会などの議事録作成者が参照している「標準用字用例辞典」に準拠したほか、導入先設備に合わせた音響モデルアダプテーション(オプションサービス)も用意されている。

関連ホワイトペーパー

業務改善 | 文書管理


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...