マカフィー、複数ベンダー製品を一括管理できるツールを発売NEWS

ネットワークに加え、仮想システムにも対応した管理ツール「McAfee ePolicy Orchestrator 4.0」を提供開始

2007年11月06日 19時50分 公開
[TechTarget]

 マカフィーは11月6日、セキュリティ関連製品の一括管理ツール「McAfee ePolicy Orchestrator」の新バージョン「McAfee ePolicy Orchestrator 4.0」を11月12日より提供開始すると発表した。

 新バージョンでは、複数ベンダーのセキュリティおよびコンプライアンス関連製品の一括管理を実現。企業のすべてのPCとサーバを含むネットワークセキュリティ、データセキュリティ、エンドポイントセキュリティの管理を統合できるという。現実・仮想の両システムと連携でき、レポーティング機能、監査機能、カスタマイズ可能なWebベースのコンソールを搭載。また、ユーザーインタフェースの向上や管理対象製品の拡充、Active Directoryとの同期、レポートの自動化、管理者ごとのアクセス権設定などの機能が追加されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...