ソニックウォール、大規模ネットワーク向けUTMアプライアンス新製品群を発売NEWS

導入・管理が容易なUTMアプライアンス新製品群「SonicWALL Network Security Appliance E-Class」の国内での受注を12月中旬より開始

2007年11月15日 18時22分 公開
[TechTarget]

 ソニックウォールは11月15日、大規模ネットワーク向けUTMアプライアンス新製品群「SonicWALL Network Security Appliance E-Class(NSA E-Class)」の国内受注を12月中旬より開始すると発表した。

 本製品群は、1UラックサイズのUTMアプライアンス。新たに搭載したマルチコア・プロセッサによる高速DPI(ディープパケットインスペクション)により、大規模ネットワークにも対応するUTMを実現したという。また、「ソニックウォール・アプリケーション・ファイアウォール」を搭載。アプリケーションごとに細かいポリシー設定や柔軟なアクセス制御が可能なためデータ漏えいを防止し、トラフィックを的確に制御できるとしている。

 NSA E-Classのラインアップは、「NSA E5500(196万0000円)」「NSA 6500(274万4000円)」「NSA 7500(490万円)」の3機種が提供される。

SonicWALL Network Security Appliance E-Class

関連ホワイトペーパー

UTM | アプライアンス | セキュリティ対策


ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...