2007年11月15日 18時22分 公開
ニュース

ソニックウォール、大規模ネットワーク向けUTMアプライアンス新製品群を発売NEWS

導入・管理が容易なUTMアプライアンス新製品群「SonicWALL Network Security Appliance E-Class」の国内での受注を12月中旬より開始

[TechTarget]

 ソニックウォールは11月15日、大規模ネットワーク向けUTMアプライアンス新製品群「SonicWALL Network Security Appliance E-Class(NSA E-Class)」の国内受注を12月中旬より開始すると発表した。

 本製品群は、1UラックサイズのUTMアプライアンス。新たに搭載したマルチコア・プロセッサによる高速DPI(ディープパケットインスペクション)により、大規模ネットワークにも対応するUTMを実現したという。また、「ソニックウォール・アプリケーション・ファイアウォール」を搭載。アプリケーションごとに細かいポリシー設定や柔軟なアクセス制御が可能なためデータ漏えいを防止し、トラフィックを的確に制御できるとしている。

 NSA E-Classのラインアップは、「NSA E5500(196万0000円)」「NSA 6500(274万4000円)」「NSA 7500(490万円)」の3機種が提供される。

SonicWALL Network Security Appliance E-Class

関連ホワイトペーパー

UTM | アプライアンス | セキュリティ対策


ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...