オラクル、「Oracle Fusion Middleware 11g」のプレビューを公開NEWS

顧客からの要望の高いSOAやEnterprise 2.0機能を統合した、最新アプリケーションの構築・展開のための基盤「Oracle Fusion Middleware」の機能強化を公開

2007年11月16日 20時58分 公開
[TechTarget]

 米オラクルは11月13日(現地時間)、「Oracle OpenWorld 2007」にて同社の最新アプリケーション基盤「Oracle Fusion Middleware 11g」に搭載予定の機能プレビューを公開した。Oracle Fusion Middleware 11gでは、顧客からの要望に基づく強化が取り入れられたという。SOAおよびEnterprise 2.0アプリケーションを構築・展開するための基盤として、以下のような新機能が紹介されている。

  • 「Oracle SOA Suite」
  • 「Oracle WebCenter Suite」
  • 「Oracle JDeveloperおよびApplication Development Framework」
  • 「Oracle Application Server」
  • 「Oracle Identity Management Suite」
  • 「Oracle Enterprise Content Management Suite」
  • 「Oracle Business Intelligence SuiteおよびEnterprise Performance Management System」
  • 「Oracle Enterprise Manager for Oracle Fusion Middleware」

 同社によると、Oracle Fusion Middlewareの機能強化により、顧客は「最新かつ包括的なサービス指向アプリケーションプラットフォームの構築」や「よりリッチなEnterprise 2.0アプリケーションの開発」、また「ユーザーIDの管理をそのライフスタイル全体を通じて改善」することが可能になるとしている。なおOracle Fusion Middleware 11gの製品リリースは2008年を予定している。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | SOA | ミドルウェア


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...