IIJ、「SMF sx サービス」のファイアウォール設定を容易に行えるオプションを販売NEWS

ファイアウォールの機能設定をルータのマネジメントシステムから行う「ウルトラファイアウォールオプション」を追加

2007年12月26日 18時03分 公開
[TechTarget]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は12月26日、同社のルータ「SEILシリーズ」のコントロールシステム「IIJ SMF sx サービス」に「ウルトラファイアウォールオプション」を追加した。本オプションは、IIJ SMF sxサービスで利用中のサービスアダプタに、ファイアウォール機能を追加提供するサービス。

 ファイアウォールの機能設定は、Webベースのユーザーインタフェースで行う。フィルタなどの基本設定から、ほかのセキュリティサービスとの連携を可能にするアプリケーションゲートウェイ機能、閾値監視通知、アノマリ検知通知など、利用する機能をユーザーが自由に選択できる。また、スケジュール機能を利用することで、任意のタイミングでのポリシー変更や追加設定も行える。さらに、サービス別の接続数、通信量の時間推移、接続元一覧、破棄した通信の一覧などのログ分析レポートやPDF形式の月次報告書を提供。ログデータは暗号化してSMFサーバに保存され、最大2Gバイト、最長60日分のログ保存スペースが提供される。

 ウルトラファイアウォールオプションの利用料金は、初期費用が1万5000円、月額費用が2万1000円。2008年3月末まで初期費用、月額費用6カ月分が無料となるキャンペーンも実施する。

関連ホワイトペーパー

ファイアウォール | ルータ | 暗号化 | UTM


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...