2010年01月14日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通とサン、「SPARC Enterprise M3000」の性能を23%向上した新モデル

富士通と米サン・マイクロシステムズはミッションクリティカルシステム向けサーバ「SPARC Enterprise M3000」に動作周波数2.75GHzの新プロセッサを搭載。従来比23%の性能向上、13%の省電力化を実現した。

[TechTargetジャパン]

 富士通と米サン・マイクロシステムズは1月12日、ミッションクリティカルシステム向けサーバSPARC Enterprise M3000」に「SPARC64 VII」プロセッサを搭載した新モデルを発表、同日より販売開始した。

 新搭載されたSPARC64 VIIは、「SPARC Enterprise M4000」以上のミッドレンジ/ハイエンドモデルにも搭載されているプロセッサで、動作周波数は2.75GHz。SPARC64 VIIを搭載した新モデルでは、従来比23%の性能向上と13%の省電力化を実現した。

 SPARC Enterprise M3000(新モデル)の仕様は最大コア数が4、最大スレッド数が8、メモリ64Gバイト、内蔵ディスク容量が1.2Tバイト。高さは2U(ユニット)とし、静音性能に優れているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...