2010年01月22日 14時34分 UPDATE
ニュース

NEWSキヤノンITソリューションズ、ネットワーク負荷を軽減できるWebフィルタリングソフトの最新版

キヤノンITソリューションズは、情報漏えい対策機能を強化したWebフィルタリングソフトの最新版「WEBGUARDIAN Ver3.5」を販売する。

[TechTargetジャパン]

 キヤノンITソリューションズは1月20日、「WEBGUARDIAN」の最新版(Ver3.5)を発表した。1月26日より販売を開始する。

 WEBGUARDIANは、Webを介した社外への情報漏えいを防止するフィルタリングソフト。Web経由で送信されたすべての内容を保存できることから、内部統制を含めたセキュリティ強化も可能とする。

 最新版では、「ダウンロードデータの容量制限機能」や「パスワードロック判定機能」が追加され、不要データの社内混入を防ぎつつ、ネットワークへの負荷も軽減できるなど、より柔軟なフィルタリングルールの設定を可能にした。

 また、WEBGUARDIANサーバには「プロキシキャッシュ機能」を搭載。同じ内容の通信による回線帯域の圧迫や、システムリソースの不足(接続拒否)を防止でき、ネットワークへの負荷を軽減するという。

 価格は一般ライセンス向けの新規通常価格(契約期間1年、ユーザー数25)が15万円、アカデミック・ガバメント向けライセンスの新規通常価格(同上)が10万5000円(いずれも税別)から。同社では、販売開始から3年で1000社への導入を見込んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...