キヤノンITソリューションズ、ネットワーク負荷を軽減できるWebフィルタリングソフトの最新版NEWS

キヤノンITソリューションズは、情報漏えい対策機能を強化したWebフィルタリングソフトの最新版「WEBGUARDIAN Ver3.5」を販売する。

2010年01月22日 14時34分 公開
[TechTargetジャパン]

 キヤノンITソリューションズは1月20日、「WEBGUARDIAN」の最新版(Ver3.5)を発表した。1月26日より販売を開始する。

 WEBGUARDIANは、Webを介した社外への情報漏えいを防止するフィルタリングソフト。Web経由で送信されたすべての内容を保存できることから、内部統制を含めたセキュリティ強化も可能とする。

 最新版では、「ダウンロードデータの容量制限機能」や「パスワードロック判定機能」が追加され、不要データの社内混入を防ぎつつ、ネットワークへの負荷も軽減できるなど、より柔軟なフィルタリングルールの設定を可能にした。

 また、WEBGUARDIANサーバには「プロキシキャッシュ機能」を搭載。同じ内容の通信による回線帯域の圧迫や、システムリソースの不足(接続拒否)を防止でき、ネットワークへの負荷を軽減するという。

 価格は一般ライセンス向けの新規通常価格(契約期間1年、ユーザー数25)が15万円、アカデミック・ガバメント向けライセンスの新規通常価格(同上)が10万5000円(いずれも税別)から。同社では、販売開始から3年で1000社への導入を見込んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...