2010年01月22日 14時34分 UPDATE
ニュース

NEWSキヤノンITソリューションズ、ネットワーク負荷を軽減できるWebフィルタリングソフトの最新版

キヤノンITソリューションズは、情報漏えい対策機能を強化したWebフィルタリングソフトの最新版「WEBGUARDIAN Ver3.5」を販売する。

[TechTargetジャパン]

 キヤノンITソリューションズは1月20日、「WEBGUARDIAN」の最新版(Ver3.5)を発表した。1月26日より販売を開始する。

 WEBGUARDIANは、Webを介した社外への情報漏えいを防止するフィルタリングソフト。Web経由で送信されたすべての内容を保存できることから、内部統制を含めたセキュリティ強化も可能とする。

 最新版では、「ダウンロードデータの容量制限機能」や「パスワードロック判定機能」が追加され、不要データの社内混入を防ぎつつ、ネットワークへの負荷も軽減できるなど、より柔軟なフィルタリングルールの設定を可能にした。

 また、WEBGUARDIANサーバには「プロキシキャッシュ機能」を搭載。同じ内容の通信による回線帯域の圧迫や、システムリソースの不足(接続拒否)を防止でき、ネットワークへの負荷を軽減するという。

 価格は一般ライセンス向けの新規通常価格(契約期間1年、ユーザー数25)が15万円、アカデミック・ガバメント向けライセンスの新規通常価格(同上)が10万5000円(いずれも税別)から。同社では、販売開始から3年で1000社への導入を見込んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...