伊藤忠商事、IFRS早期適用を見込んで資産管理システム刷新【IFRS】「COMPANY Assets Management」採用

今後のIFRS適用で必要になる機能を無償で提供することを評価した。

2011年07月22日 20時00分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ワークスアプリケーションズは7月22日、伊藤忠商事がIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)の早期適用を見込んでワークスアプリケーションズの「COMPANY Assets Management」を導入したと発表した。今後のIFRS適用で必要になる機能を無償で提供することが評価されたという。

 ワークスアプリケーションズによると、伊藤忠商事は2013年度または2014年度のIFRS早期適用を検討している。金融庁の自見庄三郎担当大臣の発言をきっかけにIFRSの適用時期などについて金融庁で議論が続いているが、伊藤忠商事は当初立てたスケジュールでプロジェクトを進めているという。

 伊藤忠商事が新しい資産管理システムの導入を決めたのは、これまで利用していた資産管理パッケージを資産除去債務に対応させるには、多額のコスト負担が見込まれたから。COMPANY Assets Managementは2009年に資産除去債務の対応機能を搭載し、既に他社での導入実績もあったことから採用を決めた。導入期間は約半年で2011年4月に稼働した。伊藤忠商事は資金管理システムの「COMPANY Cash Management」も導入。システム導入は伊藤忠テクノソリューションズが担当した。

 伊藤忠商事はCOMPANY Assets Managementを今後のIFRS適用でも活用する方針。ワークスアプリケーションズはIFRSの改正などで必要となる機能を年間保守料の範囲内で無償提供する同社の方針も、伊藤忠商事に評価されたとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...